うぇぶ☆あだると

最新の動画をお届け!

シリーズ: 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE

個撮特化 コスプレ撮影会 まっちゅん(23) 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.12 素人食い散らかし淫乱アイドル 隠れFカップ巨乳を堪能する個人撮影 生マ●コイキグルイ中出しSEXをハメ撮り

もはや珍しい存在ではない会えるアイドル。それまでの常識を覆したことにより破竹の勢いで突き進んできた彼女たちですが、それに伴う精神的な負荷というのは若い女の子には耐え難いほど大きなものであるというのは想像に難くありません。年若い彼女たちが日々浴びる称賛、嫉妬、苦難に押し潰されないためには、ただ元から持っていた精神が強靭であるだけではとても足りないでしょう。それぞれに何らかの癒やしを求めたとしても責められません。それがアイドルとして多少逸脱した行為だったとしてもです。数年前からトップをひた走って来た女の子は、密かに男性との関係を結ぶことで日々のストレスを発散していたのです。彼女は普段の自分を隠し、まっちゅんという名前で素人を装ったモデル活動をしているのは界隈では話題に上っていました。誰もが羨む美貌と、スタイルを兼ね備えた彼女とホテルの一室で対面した男性が、ただ写真を撮るだけで満足できるはずはありません。しかも彼女は持ち前の明るさと優しさで、彼らの欲望を寛容に受け止めてくれるのです。そして彼女自身、人よりも少しだけ肉体的な欲求が強いということもあったのかも知れません。シャッター音が響く度に、本来であれば許されるはずのない部分にレンズは向けられ、彼女の欲望も滾っていきます。向かい合う二人の肉欲は次第に絡み合い、現実の肉体も同じように重なり合うのに時間はかかりません。絶対に守らなければいけないアイドルとしての壁。誰の眼も届かないホテルの部屋の中では、そんなものに意味はありません。彼女は剥き出しになった男性器を口にしてジュルジュルと音を立てて吸い出し、マ●コから大量の汁を流して受け入れる準備を整えました。当然我慢ができるはずもなく、ゴムも着けない生の勃起チ●ポが無防備なマ●コに挿入されます。彼女は快感に夢中になり何度も何度も絶頂を繰り返します。もはや獣同然となって生の精子を注入されて、また彼女は燦然と輝くスポットライトの下へ帰っていくのです。

2022-08-04 2022-08-04 112min.

個撮特化 コスプレ撮影会 まちりん(23) 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.11 国民的SS級アイドルと禁断の個撮ハメ撮り Fカップ巨乳を堪能する無責任3P中出し

世の中にはあまりメジャーとは言えない趣味のイベントが色々と開催されています。普段は同好の士が集まる場ではあるのですが、深夜に行われているコスプレイベントのようなものになりますと、思いもしないような出会いがあることがあります。まちりんさん、出会った頃はまだメディアへの露出は多くありませんでしたが、彼女はある大手の事務所に所属する紛れもない本物のグラビアアイドル。しかしそのイベントには完全にお忍び、一般人として参加していました。とはいえその他の参加者に比べるべくもない美貌とスタイル、そして隠すことのできないオーラは圧倒的で、矢も盾もたまらず個人撮影のオファーを出しました。暗い地下のイベントスペースではなく、陽の光差し込むホテルの部屋で見る彼女は、血管が透き通るほどの白く美しい肌でした。ほぼ裸に近い衣装を着て、隠されていた秘所まで余すところなく観察されて、彼女の体は淫らに濡れていました。一度マ●コが発情してしまうと、チ●ポを求めてしまうのは避けられない女性の性質です。勃起したチ●ポを我慢できずに舐め回し、生のマ●コに根本まで深く挿入。オナホ扱いのガン突きで何度も繰り返し絶頂していました。普段自分の思い通りにエッチができないアイドルは、タガが外れてしまうと一人の淫乱女の素顔が剥き出しになっていました。自分に向けられるチ●ポに悦んでしゃぶりつき、ビショビショのマ●コに何度も何度も精液を注ぎ込まれ、それでも足らずに腰を揺らして最後の一滴まで搾り取る凄まじい性欲でした。

2022-07-21 2022-07-21 170min.

個撮特化 コスプレ撮影会 ゆりこりん(19) 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.10 爆乳HcupスレンダーアイドルのP活事情 ポトレ撮影後にホテイン可能な現役グラドル 体液まみれの極秘3P中出しOK撮影会

芸能界に数多に輝くグラビアアイドル。しかしそこは厳しい世界。それぞれ違った輝き方をしているというのは綺麗事。明るくみんなの目につく星もあれば、その影に隠れて微かな光を賢明に放っている星もあるのです。そして悲しいことに、テレビや雑誌に引っ張りだこの有名アイドルを除けば、殆どのグラドルがいわば’売れていない’状態で、そんな彼女たちは月に数えるほどの仕事をするだけ。そんな状態では実際の生活が成り立つはずもなく、予定帳の空白はほぼアルバイトで埋まっているのが現実です。しかしそんな決して恵まれているとは言い難い雌伏の時を過ごしているはずなのに、彼女たちのSNSを見ると時折失礼ながらも明らかに分不相応に華やかな写真、例えば高級レストランでの食事や、VIPが参加するパーティーの様子が投稿されていることも少なくありません。何故そんなことが可能なのか。ご覧の皆さんも薄々ながらお察しの部分があるのではないでしょうか。ゆりこりんもそんなグラドルの一人です。若干のあどけなさを残す美少女性と、しなやかなスタイル。そしてアンバランスにも映るHカップの巨乳が何よりの魅力です。撮影会などに積極的に参加し、界隈での人気はかなりのもの。そして極秘で行われる個人撮影会での噂も。非常に狭い門をあらゆる経路を使ってくぐり抜け、彼女との対面を果たしました。当日肩を大きく露出した美少女の姿に、周りにいる男たちの視線が彼女の方へ向くのを感じました。外でのポートレート撮影を終えると、彼女はホテルでの撮影をごく自然に受け入れてくれました。きっと当たり前のことなのでしょう。当然外では撮影できなかった部分にレンズは向けられます。彼女も先程までの撮影会という雰囲気から一転して誘うような雰囲気を醸し出していました。ホテルで男女が二人きりです。その気であるのは明らかでした。夢にまでに見た張り出した巨乳と、折れそうなまでに細い腰。顔、尻、腕、脚。全てが極上品です。そして、下着は濡れていました。糸を引くマ●コに指を突っ込んだら、嬉しそうに両脚を抱えて潮を吹き出し、勃起したチ●ポを愛おしそうに舐め回してくれます。生のチ●ポを子宮の入り口にぶつかるまで飲み込むと、それでも足りないとグリグリと腰を震わせて絶頂して精液を搾り取ろうとするのです。男が二人になっても、彼女の欲望は留まるところを知りませんでした。二本のチ●ポをかわるがわる差し込むと、奥の奥まで入り、彼女から美しい嬌声があがります。グジュグジュになってしまったマ●コに大量に中出ししました。

2022-07-07 2022-07-07 164min.

個撮特化 コスプレ撮影会 ともちん(23) 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.09 元アイドル教職員レイヤーが休日バイトで裏垢モデル活動 チ●ポに囲まれハメ撮り中出し3P

女の子がアイドルでいられる時期というのは概ね短いもので、燦然と輝き続けるほんの一握りの子を除くと、殆どのアイドルが転機とともに違う道へと進んでいきます。儚いものなのです。ともちんはとあるグループで活躍していたのですが、卒業ととも引退。教育への道を選ぶという宣言以降、ぱったりと情報はなくなってしまいました。今回とある関係者から極稀にポートレートモデルとして活動しているという話が舞い込んだのです。やはり他人から見られるということには魔力があるのでしょうか。彼女はアイドルから遠ざかり数年立つにもかかわらず、現役時代と全く遜色のない美貌とオーラが健在でした。もちろんスタイルも当時そのままで、彼女が教壇に立つ学校の男子生徒が夢中になってしまっていることは間違いないでしょう。ただ彼女はモデルをするにあたって、過去や現在のことを隠していました。それには様々な事情があるのかもしれません。教師が休みに男とホテルで二人きりになるということも負い目になるのだと思います。世間や保護者たちは中で行われていることが仮に健全な撮影であったとしても邪推するものなのでしょう。逆に言えば、邪推されるようなことが行われていたとしても、黙っていればわからないというのも事実です。彼女はホテルの部屋に入った瞬間から、その中で行われたことを外に訴えることはできないのです。その彼女の立場を想像するだけで心が高鳴り、下半身に血が集まるのを感じました。勤務するサイトに掲載された行事の写真を見せると、ともちんの顔色が変わりました。そして堅かったガードが下がったのです。アイドル時代には絶対に撮られることのなかった写真を撮影されることに最初は戸惑っているようでした。しかし枚数が重なるに連れて、彼女の息が熱くなり始めたのです。形のいい極上の胸の突起は固くなり、股間には染みができていました。触ると内側からじっとりと濡れてきます。デリケートな部分に触られてももはや彼女が拒否することはありませんでした。それどころか先程まで凛とした態度だったというのに、マ●コに指を飲み込んで、下品に舌を絡ませるようになっていたのです。ガチガチに勃起したチ●ポを差し出すと、ねっとりと舐め回すフェラ。生のチ●ポをマ●コに挿入するのにも抵抗がありません。元アイドルで女教師という特別な存在の彼女は吹っ切れたように犯●れて感じていました。可愛い喘ぎ声を上げて何度も壮絶に絶頂を繰り返します。大量の精子を生膣に注ぎ込まれて彼女の性欲が開花したのです。自分から快楽を求めるようになった彼女は、誰のチ●ポにもしゃぶりつける淫乱な女に生まれ変わりました。自分のマ●コをほじりながら、男二人のチ●ポを比べるようにフェラします。とても清楚な助教であったとは思えないような下品なちんしゃぶ顔です。めちゃくちゃに犯●れることを望んでいるのがわかります。尻を振って誘惑するマ●コにかわるがわる生のチ●ポが突き刺さり、激しくピストンされると彼女は喜悦のあまり絶叫してイキ果てるのです。無遠慮に中出しをされても、溢れる精子を吹き出しながら痙攣して喜ぶようになっていました。

2022-06-23 2022-06-23 170min.

個撮特化 コスプレ撮影会 マリコさん(20) 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.08 女性ファンを喰い荒らすお騒がせアイドル L寄りのBが速攻チ●ポ堕ちして完全服従 雌化プライド崩壊中出しおねだり3Pハメ撮り

女性アイドルのファンが男ばかりというのは今は昔の話。最近では女性ファンの方が多いという女性アイドルも珍しくありません。その活動内容が美容系に強かったり、ファンたちのお姉さん的存在であったりと様々です。マリコさんもそんな一人。彼女はある意味正統派とも言えるのでしょうか、男よりもイケメンということが売りのいわゆる男装女子アイドルです。そんなマリコさんは仕事がオフの日に趣味も兼ねてポートレートモデルのアルバイトをしているということで、今回オファーをさせていただきました。自前の男装に身を包んだ彼女は、男から見てもキラキラと輝く出で立ちで、正に王子様。しかし体は女なのです。服の下に隠された肌は白くきめ細やかで、弄れば感度の良い美乳が現れます。撮影が始まる前には想定していなかったであろう愛撫を受けて、彼女はそれまでの男には目も向けていないような態度から一転、雌丸出しの可愛い喘ぎ声を上げて絶頂したのです。その倒錯的な光景はチ●ポが完全に勃起してしまうのに十分でした。濡れてしまった女の部分はあてがわれたチ●ポを飲み込んで、彼女に快感を与えました。格好良かった王子様はどんどんいやらしい目つきになって、もっともっとと犯●れたがるようになっていたのです。男に囲まれて、絶えず続けられる執拗な愛撫に彼女は何度も絶頂しました。最初はツンとすましていた彼女はイカされ続けた結果、男に完全に屈してチ●ポに媚びるようになっていました。両手に持ったチ●ポを交互におねだりするようにフェラをしながら、彼女のマ●コからはじゅるじゅると愛液が垂れていて、早く挿入されるのを待ちわびています。生のチ●ポで無防備な膣奥をとことん捏ね回されてビクビクと痙攣しました。男に絡まりついて「もっと!」と更にSEXを求め、逆流して吹き出すまで大量の精子を中出しされることを望むようになっていたのでした。これがこの撮影会であったことです。

2022-06-09 2022-06-09 171min.

個撮特化 コスプレ撮影会 まりにゃん(18) 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.07 コスイベで出会える現役アイドル 10代で男喰いまくり隠れビッチ完全合法ハメ撮り3P撮影会で潮吹き中出し

スポットライトの下でファンからの注目を一身に浴びるアイドルたち。そのあまりの輝かしい姿に忘れがちになりますが、彼女たちも一人の人間、しかもまだ年端もいかない若い女の子です。にこやかな笑顔の下には、年頃の女の子が持って当然の、休みたいとか、遊びたいとか、美味しいもの食べたいとか、微笑ましい希望が隠れています。周りの大人達はそれを押さえつけ、自分の利益のために彼女たちを酷使してばかりで、なかなかそんな僅かな望みに目を向けてはくれません。そしてその欲求が限界に達した時、彼女たちは健気にも細やかな抵抗を試みるのです。まりにゃんと出会ったのもそんな抵抗の真っ最中でした。一般人も多数参加するコスプレイベント。その中で他の素人コスプレイヤーに混じって、一人だけあまりにも頭抜けた可愛さだったのが彼女です。集団の中で撮影をしながら、空いた時間にコンタクトを取ると、彼女はあくまで一般参加者として、芸能人であるという驕りなど一切ないとても感じの良い受け答えをしてくれました。素人のコスプレイヤーでさえ、撮らせてあげてるんだというような高飛車な態度を取ることが多い中で、これは稀有なことです。撮った写真を見ながら、個別での撮影をお願いすると、驚いたことに快く承諾してくれたのです。聞いてみるとイベントで誘われた個人撮影のオファーは以前から度々受けたことがあるとのことでした。はにかみながら話すまりにゃんの様子を見て、これは作法を知っているのだなとピンときました。膨らむ期待を抑えながら、ホテルでの撮影会は始まりました。可愛い女の子が自分だけの為に衣装を着て目の前にいるという事実は、それだけで興奮を高まらせます。写真を撮っている最中にチラリと見えた白いパンツに小さな染みができているのを見つけました。やはりテンションが上っているのは彼女も同じだったのです。濡れている部分を撮らせて欲しいと頼んだ時、まりにゃんは少し迷った様子を見せました。それが彼女のアイドルとしてのプライドだったのだと思います。それともそうすることでその後の行為への期待と興奮が増すことを彼女は知っていたのかもしれません。何故なら我慢できずに剥ぎ取ってしまったパンツの向こう側は、すでに溢れかえる愛液でびしょびしょになっていたからです。舐めると口中に温かくて、濃厚な香りが広がりました。夢中で啜ると、彼女の可愛い喘ぎ声が聞こえます。もうチ●ポはパンパンでした。それを見た彼女は自分がされたのと同じように、匂いを楽しんで、じゅるじゅると音を立てて舐めてくれました。当てて擦るだけ。それは二人の約束だったのでしょうか。熱く締まる彼女のマ●コは、今すぐにでもチ●ポを飲み込んで精子を搾り取ろうとしていました。擦れ合う二つの秘部に添えられた彼女の手は、確実に生のチ●ポの挿入されるのを導いてくれたのです。一度入ると、一番奥までたどり着くのはすぐでした。まりにゃんの声はますます高くなり、何度も絶頂を訴えました。出し入れする度にもっと深く突くことを要求するのは若い女の子が持っている本能なのかもしれません。当然湧き上がる射精欲を抑えることは至難の業です。その様子を見て取ったのか、彼女は生膣への放出を許してくれました。これまでの人生でこんなにも出たことがあったのかと思うほどの量が、現役アイドルの子宮に注ぎ込まれました。これが彼女が普段隠していた誰にも言えない欲求だったのです。男二人に挟まれても、彼女の欲望が衰えることはありません。二本のチ●ポを比べるように舐めしゃぶり、自分で塗れた秘所をいじって煽ります。一本にマ●コを突かれ、もう一本を口で吸い上げられました。そうする自分に興奮するのか、彼女は絶頂しながらビクビクと小刻みに震えて生膣でチ●ポを絞り上げました。まったく避妊をしていない危険なマ●コは快楽によって完全に理性を崩壊させてしまい、彼女は「中に出して!」「一緒にイく」と訴えかけました。二人の男から中出しされて、あり得ない量の精液を垂らしながら彼女は満足そうでした。これがこの撮影会であったことです。

2022-05-26 2022-05-26 152min.

個撮特化 コスプレ撮影会 ふうこちゃん(18) 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.06 神スタイル元有名子役レイヤー 初めての撮影会、初めてのハメ撮り 生SEX連続中出しの快感で絶頂覚醒

注目される快感というのは一度味わうと止められないと言います。元子役でカメラを通してたくさんの人に見られていたふうこちゃん。彼女もその快感に囚われた一人です。表舞台を降りてからもう何年も経ったとはいえ、まだ若い彼女がその欲求を抑えられないのは無理もないことです。普段は普通の学生として制服を着て投稿をしながら、レイヤーとしてイベントでカメラを向けられていました。もちろんその美少女ぶりは周囲から注目されるのに十分でしたが、彼女はまだまだ満足していないようでした。そんな承認欲求に飢えた彼女が、自分だけの為にシャッターを切られる個人撮影に誘い出されるのは必然だったのだと思います。初めての撮影会に連れてこられたホテルで、同じ学校の同世代のクラスメイトは来ることの無い高層階の風景に心躍らせる彼女は可愛らしい太陽のような笑顔でした。写真を撮り始めると彼女の高揚はすぐにわかりました。彼女はカメラを通すと何でもできるようになるのです。それは普段は絶対にしないようないやらしいことでも同じです。まだ触ってもいないのに、食い込んだパンツは湿り気を帯びているのがわかりました。大好きなアイドルキャラ衣装を着るとそれはますます加速して、彼女はもう普通の女の子ではない、男の欲望を一身に受けてそれに応える存在。正にアイドルになっていたのです。そうなってしまったら、誰にも見せたことのない桜色の穴を広げてレンズに向けることも厭いません。むしろそれは快感になって、彼女の中を熱くさせるのです。まだ小さな女の子の穴からエッチな汁が糸を引いていました。そこを穿られるのに抵抗もせず喘ぎ声まで上げました。指を入れられただけでイッてしまい、ビシャビシャと潮を吹いて赤いマ●コが剥き出しになります。澄んだ目で興味深そうに見ながら、細くてしなやかな指で、すっかり硬くなったチ●ポを撫でて、自分から咥えてしまいました。ぐじゅぐじゅになったま●こは狭かった入り口を目一杯開いて大人のチ●ポを飲み込んでしまいます。抜き差しする度にスケベな体液で濡れて生のチ●ポがヌラヌラとひかりました。奥までしっかりと咥え込みました。激しく突くと、自分から腰をうねらせてザーメンを搾り取ろうとしてきます。まだ経験は浅いはずなのに、貪欲に大人のSEXを覚えてしまっているのです。イキながらビクビクと痙攣するマ●コにたまらず精子を撒き散らしました。やはり一回味わった快感は癖になってしまうのです。もっと大胆な水着を着るのも彼女は躊躇いませんでした。2本のチ●ポを前にして、嫌がるどころか期待した目をしています。男に弄ばれることをすっかり覚えてしまい、受け入れることを期待するマ●コから大量の潮を吹き出します。性欲に蕩けたメス顔でチ●ポに交互にしゃぶりつき、交尾をおねだりです。2人に前後を挟まれてチ●ポで突かれると、意識が朦朧とするまで連続でイキまくってしまいます。最初は初めての中イキに戸惑っていたのに、もう中出しされて髪の毛を逆立てて絶頂するようになってしまいました。これがこの撮影会であったことです。

2022-05-12 2022-05-12 160min.

個撮特化 コスプレ撮影会 ゆきりん(20) 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.05 清楚の皮を被った激ビッチグラドル チ●ポ好きが隠せない濡れすぎマ●コ潮吹きイキまくり3Pハメ撮り流出

どの世界も若い頃は苦労をするもので、華やかなアイドルも例外ではありません。学生の頃は学校中から注目されていたであろうゆきりんも、グラドルとしてはまだ一年生。必死で頑張っていますが、自分の力だけではどうにもならない部分もあるものです。そういう時に手を差し伸べるのも大人の勤めなのではないかと思います。所属している事務所は他にもたくさんのアイドルを抱えているので、ブレイク以前の彼女の細かい部分まではなかなか目が行き届いていないので現状です。そんな若いグラドルにとって直接お手当が受け取れる個人撮影会への誘いはありがたいものなんだとか。よく晴れた平日の昼下がり、指定したホテルの窓際で彼女は殊更に喜んでいました。差し込む美しい陽光に照らされる彼女のムチムチした肢体はどこからどう撮っても至上の写真ができあがります。勢いよくシャッター音が響く室内で彼女は朗らかな笑顔でした。充実した撮影会の雰囲気に彼女のガードは甘くなり、多少の無理なお願いにも応えてくれるようになりました。普段よりも露出が多いであろう刺激的な衣装。チラチラと見える隠されていなければ行けない部分。そこにレンズを向けられることにも彼女はなれてしまっていました。次第に彼女の顔に淫靡な表情が浮かぶようになり、男を誘うような動きを自然としていたのです。もはや彼女のたおやかで柔らかい巨乳はおろか、陰部も丸出しになりました。汗とは違う粘液で湿ったそこに指をつけると、彼女は嫌がるどころか明らかに甘えた声で喘ぎ声を出したのです。完全なる同意でした。居ても立ってもいられずにカメラを置いてしゃぶりつくと、若くて濃い香りの発情した愛液が後から後から湧き出してきました。思うさまそれをしゃぶり尽くした時、彼女の瞳は完全に雌になっていたのです。もう遠慮は必要ありません。自慢の胸を揉みしだきながら硬くなった股間を押し付けると、彼女の手は誘うようにそこを撫で回してくれました。これ以上なく勃起したチ●ポを差し出すだけで、彼女は嫌がることなくそこに口をつけ、じゅるじゅると音を立てて下品なフェラをしてくれたのです。グツグツと精子を作る陰嚢を舐めあげ、その中身が自分に向かって放出されるのを待ち望んでいるのは間違いありませんでした。もうわかりきったようにとろとろになったマ●コに一気に挿入しただけで、彼女は全身を震わせて絶頂していました。子宮の一番奥まで届くように、勢いをつけて腰を打ち付けました。彼女もそれに合わせて、搾り取るように腰を振りました。ぎゅうぎゅうとチ●ポを締め付ける、若いマ●コ。湧き上がる射精欲を遮るものは何もありません。大量の精を生の膣奥に注ぎ込んだのです。「もっとしたい」と彼女は言いました。もっと彼女の淫らな姿が見たい。知り合いを呼び込んで、彼女も仕事で撮影したであろうマッサージを撮ることにしました。隠す部分がほとんどない水着を身に着けた彼女にたっぷりとオイルを塗りました。既に男の味を知り、発情していた彼女は体を弄られる度に快感に喘ぐようになっていました。際どい部分に指が触れると細かな痙攣を繰り返し、密かに軽い絶頂を楽しんでいるのがわかります。なされるがままになり、開いてしまった秘部を指で穿られると、大声とともに大量の潮を吹き出してしまいました。後ろから前から彼女を二人がかりで犯しました。奥を突かれて数え切れないほど彼女はイキました。アイドルとは思えない淫らさで彼女は男を求めていました。ただただ獣のように子作りの快感に夢中になって、無責任な交尾を繰り返して、マ●コから溢れるまで膣内射精をしました。これがこの個人撮影会であったことです。

2022-04-28 2022-04-28 193min.

個撮特化 コスプレ撮影会 あおちゃん(18) 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.04 肉欲に犯●れる純情アイドル 快楽の罠で汚れた笑顔の天使の孕ませ確定中出し3Pハメ撮り動画

どのような場所にも横のつながりというのはあるもので、撮影会に参加しているようなアマチュアカメラマンも、お互いに撮影したモデルさんの情報交換をしたりといったことをしています。いくつかあるうちの一つにあまり素行の良くない人間が集まっているグループがあり、あおちゃんの出現はそこでの話題を総ナメにしました。ただ可愛いというだけではありません。彼女がとある有名アイドルチーム傘下の研究生であるというまことしやかな噂があり、まだ露出の少ない中から映像や写真を探し出し、撮影会で撮られた写真との称号が熱心に行われました。ほぼ情報が確定となった頃に、衝撃的な映像が出回りました。大規模握手会の後、彼女が太いファンに対して行っていた特別なサービスがはっきりと収められていたのです。界隈では彼女は完全にそういうことがOKな子と認識されました。彼女自身は自分の身に向けられるようになった視線に込められる欲望が、具体的な行為への期待へ変わったことに気づいていたのでしょうか。当然流出した映像を見た人間はごく一握りです。バイト感覚で参加している集団での撮影会では、他の一般的なファンに紛れてしまって気づかなかったのでしょう。それにいかに有名なアイドルチームと言え、まだ研究生の一人である彼女の管理まで完全にすることはできません。若すぎる彼女は報酬の良いバイトを信頼できるファンが鼻先に釣らすと、軽い気持ちで個人撮影会のオファーを受けてしまうのです。いつも見ている可愛い彼女とホテルで二人きりという状況に否応なく股間の期待は高まります。シャッターを切る度に、着てもらった衣装の下に隠されたスレンダーな肢体に今からすることだけしか考えられないようになりました。明るい笑顔でポーズを取る彼女が、本当は同じ笑顔でチ●ポを音を立ててしゃぶり、濃厚な精子を口で受け止める本性を隠していることを知っています。いくらファン相手だとしても、嫌ならそんなことができるはずがありません。彼女自身がやりたいからやっているに違いないのです。次第に際どい部分にレンズを向けるようになると、彼女のその部分が湿り、ほのかな女の香りで男を誘っているのがわかりました。もうどんなポーズをお願いしても彼女は断りませんでした。恥ずかしがっていたのは、アイドルとしての矜持だったのか、それが彼女なりの誘惑のやり方だったのかはわかりません。どちらにしてもそれらの仕草はどれも勃起を更に硬くするには十分な効果がありました。我慢できずパンツを下ろして眼前に突きつけると、顔を隠して恥ずかしがりながら興味津津なのが丸わかりです。手を取って触らせると、別にお願いしていないのに自分から柔らかい手で扱いて、動画で見た通りの情熱的なじゅぼフェラでご奉仕。やはり画面越しで見るのと、実際にされるのでは興奮度が違います。集団の撮影会では運営が怖くて絶対にお願いできない恥ずかしいポーズをしてもらうと、パンツの向こう側にある穴が既にチ●ポを待ち構えているのがわかります。指を入れただけで熱い。しかも中がうねうねと動いて指だけでも締め付けられているのがわかります。感度も抜群で、後から後から湧いてくる愛液でマ●コの周りはすぐにベチョベチョ。腰を動かしてイッてしまいました。ポッカリと開いたマ●コに挿入すると、絶頂しすぎてエビ反ってガクガクと痙攣して生のチ●ポをキュウっと締め付けて精子をおねだりしてきます。あまりにも気持ちが良すぎて、頭がぼうっとして夢中になって彼女の小さなマ●コを犯しまくってしまいました。とてもアイドルとは思えない白目をむいて、舌を出した顔で、淫語を絶叫してイキまくる彼女の膣奥に大量に中出ししてしまったのです。一度過ちを犯してしまえば、二度も三度も同じことです。グループの一人を呼び出して、二人でまた彼女を楽しみました。もはや彼女もその本性を隠しません。生来の淫乱さを丸出しにして、二本のチ●ポを求めます。若さゆえの溢れんばかりの情欲。それは元々彼女に向けられていた性欲を超えるほどのものでした。ぐしょぐしょになりながら口でも、マ●コでも貪欲にチ●ポをしゃぶり尽くす姿は、とても清楚なアイドルのものとは思えません。完全に脳イキの多幸感に包まれ、SEXに壊れてしまったただの淫らな女がいるだけでした。これがこの個人撮影会であったことです。

2022-04-14 2022-04-14 164min.

個撮特化 コスプレ撮影会 サリーさん(27) 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.03 企業案件多数 神ボディーグラドルはHしたいだけの寝取り好き悪女 ホテル個撮で中出しハメ撮り

現役グラドルのサリーさん。昨年末のコスプレイベントで、参加者が少ないにも関わらず撮影希望のカメラマンが行列を作ってしまうという伝説を作った子です。彼女はコスプレイヤーとしての活動は表立って行っておらず、コス垢にはOLと書かれているのですが、その完成度の高いコスプレと、周囲とは桁違いのレベルの高いスタイルは注目の的で、界隈では週刊誌のグラビア常連の売れっ子であることは以前から暗黙の了解でした。今まで個撮を受けたという話はなかったのですが、イベント時に名刺を渡し、撮影した写真を送る名目で相互になった後で丁寧にオファーを送ったところ、極秘でという約束で撮影と言うことになりました。やり取りの中で、頑なにOLですという姿勢を崩さなかったのには、様々な柵があるのだということを感じます。極秘であれば一般的な撮影スペースやスタジオでは顔バレの危険があるということになり、ごく自然にホテルでのマンツーマンでの撮影を提案したところ了承。こんな神がかったボディは人生で初めてで、シャッターを切るだけで自分が撮ったとは信じられない週刊誌レベルの写真が量産されました。狭いホテルの部屋、二人きりで撮影をしていると普段は聞くことのできない被写体の深い本音を聞くことができることがある。彼女もファンの見えるところでは絶対にできない話をしてくれました。そしてマンツーマンの撮影会では普段手の届かない女性とも距離が近くなります。ある程度時間が経てば衣装の乱れから見えてはいけない部分が見えることもしばしば。動きながら撮影していれば自然なことです。その頃にはいつもはガードが堅いモデルさんとも打ち解けて、そんな部分も撮らせてくれますし、多少のタッチも受け入れてくれるようになっているものです。敏感な部分を触られた女性は興奮が高まって、ますます大胆になってきます。彼女もそうでした。いつもは隠れている可愛い乳首が顔を出し、形のいい乳房をあらわにするのにも抵抗はありません。そしてそれは下半身にも。水着の下に指を入れると、そこはもうビショビショでした。指をキュウっと締め付けると、「ダメ!いっちゃういっちゃういっちゃう!」と美しい肢体をのたうち回らせて膣イキしました。やはり肌を見せる仕事をしている彼女は性的な欲求も旺盛で、我慢できずにパンツから飛び出たチ●ポを見ると、笑顔が溢れました。彼女がまたがると、マ●コの一番奥まで一気に串刺しになりました。折れそうなほど細くくびれた彼女の腰を掴んでピストンを突っ込むと、彼女は声を上げて何度も絶頂を繰り返しました。ありえない美しさの彼女の魅力にあてられて子孫を残す気満々の怒張で子宮を突き上げて、生の精子を大量に注ぎ込みました。一度の行為だけでは満足できず、二度目の撮影には友人と二人で臨みました。我々の異常なまでに膨らんだ性欲に怯えていた彼女でしたが、強引に開かれた彼女のマ●コは愛液で濡れてテカテカに輝いていました。二人のチ●ポを前にして、彼女の欲望もむき出しになりました。もっともっと硬く、太く勃起させようと、彼女はチ●ポにしゃぶりついてくれました。代わる代わる生のチ●ポを突っ込まれ、白く揺れる巨乳はこれ以上なく扇情的で、ベッドの上に渦巻く性欲が一層濃くなっていきます。もはや留める者のいないホテルの部屋の中で、強烈な快感に絶頂に叫ぶ彼女の嬌声が響きました。マ●コをガン開きにして性欲の虜になった膣奥深くに亀頭を擦り付けると、彼女は抱きついて精子の放出を要求するようになります。女を種付けすることだけしか頭の中に浮かばなくなった男二人の精液が溢れるまで大量に注ぎ込みました。これがこの個人撮影会であったことです。

2022-03-31 2022-03-31 160min.

個撮特化 コスプレ撮影会 Loveちゃん(19) 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.02 現役アイドルが裏垢闇営業 抑えられた欲望が爆発する個人撮影 連続絶頂種付け中出し3Pハメ撮り

現実アイドルLoveちゃん。自撮り垢の中には顔が出ていなくても、その体つきや仕草か隠しきれないオーラが溢れ出るものがあります。彼女のアカウントは以前から界隈では本物のアイドルではないかと話題になっていました。なかなかハードルが高い条件でしたが、⊿道系のアイドルの衣装での個人撮影をお願いしたところ、OKの返事をいただきました。衣装を着てその場にいるだけで、国民的アイドルが目の前にいるようで人生でこれ以上のない興奮を覚えました。シャッターを切る度に湧き上がる欲望が止められない。レンズ越しに見る彼女の視線は明らかにこちらを誘っていました。そうでなければ大胆なポーズができるはずありません。見せてはいけないはずのスカートの中身は湿っていました。その上、蠱惑的な笑みで彼女はパンツをめくったのです。夢中で彼女の股間に顔を埋めて、一滴も逃さないように淫らな匂いのする汁を吸い出しました。もう彼女の虜でした。嫌がる振りをしながら、彼女はマ●コを鼻に擦りつけてきました。ビクビクと痙攣する度に吹き出る愛液。欲望が抑えられずパンツを脱ぐと、彼女は嬉しそうにチ●ポを弄び、ジュルジュルと音を立てて滴りそうになる我慢汁を吸ってくれました。夢にまで見たアイドルのマ●コへの挿入。当然ゴムはありません。指だけで絶頂してしまう敏感な彼女が震えると、チ●ポがギュッと締め付けられました。我慢などできるはずもなく、ビュルビュルと大量の精子を彼女の無防備な膣内に流し込みました。1度では満足できないのは彼女も同じようで、白い液体で股を汚しながらその瞳はまだ熱を帯びていました。彼女がシャワーを浴びている間に友人を呼びました。興奮した彼を見て戸惑いながらも、彼女の視線は既に準備を整えて膨らんでいる彼のズボンの股間に注がれていました。2人の男に挟まれての愛撫に、彼女はビクビクと腰を振って絶頂したのです。両手にチ●ポを持ち、彼女は無邪気な笑顔を浮かべて2本の違いを見比べて楽しんでいました。マ●コはパックリと開いて、マン汁がだだ漏れになって、チ●ポが挿入されるのを待ちわびています。細く絞られた腹筋を両手で掴んで激しく突くと、彼女の全身が硬直して痙攣して絶頂を繰り返します。2人の男に代わる代わる犯●れてイキ続け、彼女は朦朧となってしまいました。彼女の膣奥までチ●ポを突き刺すと、亀頭の先まで締め付けてくれるマ●コに、精子を全部搾り取られて溢れ出すまで注ぎ込みました。これがこの個人撮影会であったことです。

2022-03-17 2022-03-17 151min.

個撮特化 コスプレ撮影会 町田レンズのBLACK KAMEKO FILE.01 マイちゃん(18)育ちきらない美少女モデルとノータッチ契約個人撮影なのに理性を奪われ放課後中出しハメ撮り

レイヤー2年目まいちゃん。明らかにクラスでもトップクラスの美少女とは大規模イベントで出会い、彼女の自撮り垢へDMを飛ばしてオファーを出しました。「変な人が多いから個撮はしない」という彼女でしたが、年代的に多めの条件を提示したら返事をくれました。20↑のモデルさんの半分強といったところです。最初はもちろんノータッチ精神を貫くつもりでした。でも彼女は可愛過ぎた。⊿道の衣装に喜んでくれる彼女を撮影していると、その笑顔にだんだんと理性を奪われました。少しだけめくれたスカートから脚が見えた時、滑らかな首筋が紅潮しているのに気づいた時、彼女のアカウントに上げてある頑張って自撮りしたちょっとセクシーな画像が頭に浮かびました。彼女の本心はもっと撮って欲しいに違いありません。「もう少し頑張れる?」と訊くと、彼女は断りませんでした。ただお金の為であれば断れたはずです。彼女は断らなかった。彼女との距離が近づいた気がしました。レンズを向けられたスカートの中は、蒸れて湿っていました。触ると熱い汁が溢れ、下着が濡れているのがわかります。恥ずかしがる彼女の視線が、もうガチガチに硬くなっている股間に向けられているのを感じました。我慢できませんでした。気がつけば口いっぱいに若い体液の味が広がりました。止めどなく出てくる愛液を啜ると、可愛い喘ぎ声が聞こえました。これ以上なく勃起したチ●ポを見せると、嬉しそうに舐めました。まだ幼さの残るマ●コでしたが、生のチ●ポを当てると柔らかく広がってヌルヌルと受け入れてくれます。初めての生挿入で彼女は何度も何度もイキ続けました。亀頭に吸い付いて、精子を欲しがるマ●コは、彼女が紛れもなく一人の女性であることを教えてくれます。本当の意味で男を知った彼女の性は一人では手に負えず、もう一人の男を助けに呼びました。アリスのメイド服は、あどけない彼女の表情に合って美しかった。少し戸惑った彼女でしたが、ぷにぷにしたアソコの小さな穴は愛液に濡れてテカテカと光っていました。体に触れられる度にビクビクと震えて絶頂する彼女。2人で代わる代わる彼女を犯しました。天使のような可愛い喘ぎ声を上げ、顔を赤くしてまた何度もイキました。純真な彼女が自分から腰を振り、チ●ポを欲しがるようになったのは、自分たちの存在が認められたようで、最上の幸福でした。小さなマ●コから溢れて垂れ落ちるまで、一滴残らず精子を注ぎ込みました。これがこの個人撮影会であったことです。

2022-03-03 2022-03-03 180min.